スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヒャエル・プランク醸造所

2015/05/10 (日)  カテゴリー/レーゲンスブルク旅ビール

Brauerei Michael Plank
ミヒャエル・プランク醸造所


レーゲンスブルクから各駅停車で20分。
人口約5,000人。ドイツの小さな村Laaberに到着します。

ドイツには1,300か所以上の醸造所があると言われていますが、その多くは古くから村で愛されている小規模醸造所です。
ドイツの多種多様なビールとその文化を知りたいのであれば、田舎に出かけましょう。

さて、このミヒャエル・プランク醸造所
創業は1617年。日本なら江戸時代初期、2代目将軍徳川秀忠の時代です。
400年もの間、長男がミヒャエル・プランクの名前と共に醸造所を引き継いできました。
現当主は16代目。
その物差しの長さに驚かされます。

IMG_4750.jpg
駅から醸造所へは、木々に囲まれた長い石の階段を下ります。
村の周囲はハイキングコースにもなっており、休日にはリュックを背負った家族の姿をよく目にします。

IMG_4762.jpg IMG_4767.jpg
丘の上に立つ崩れかけた城跡。RPGの世界の様。

IMG_4789.jpg
水面に木々の姿を映しながら静かに流れるLaaber川。
穏やかで、でもちょっとワクワクする田舎時間が流れていました。

IMG_4775.jpg IMG_4819.jpg
村の中心にある広場。
その一角に醸造所兼、ガストホフ(宿泊施設付のレストラン)があります。

DSC_0130.jpg

お願いをして特別に醸造所を見学させてもらいました。
とてもチャーミングなミヒャエルさん。

DSC_0392.jpg
レストランに並ぶ、表彰状とトロフィーの数々。
2002年に世界的なビールの大会「ワールド・ビア・カップ」に出品したのを皮切りに
毎年のように賞を受賞しています。
2006年と12年には小規模醸造所部門でチャンピオンに選ばれました。

IMG_0073.jpg

一番人気はHeller Weizenbock
花のようなフローラルな香りに、こっくりとした小麦のコクがたまらない。

最近ではIPAや樽熟成のビールなど
様々なスタイルのビールにも挑戦しています。

IMG_4812.jpg
ガストホフでは村の猟友会が仕留めた、鳥や獣がメニューにあがることも。

昼間からビールやコーヒーを前に何時間でも話し込むおじいさまたち、
夜は料理に舌鼓を打つファミリー、
夜も更ければビールを手に大笑いする若者カップルや中高年の姿。
ガストホフは街の社交場なのです。

そしていつもその中心には美味しいミヒャエル・プランクのビール。
何百年も変わらず続く、ドイツの田舎町の姿です。

ドイツにお越しの際には、地方にも足をお運びください。
ショッピングセンターなどの娯楽施設はないけれど、穏やかな時間と人の温かさが田舎町の最高のおもてなしです。

Brauerei Michael Plank
住所:Marktplatz1 Laaber ドイツ
レストランは火・水曜定休日
http://www.brauerei-plank.de/


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

万宝海鮮坊

2013/12/26 (木)  カテゴリー/中国旅ビール

ビールの店ではないのですが、中国は大連に行ったら
是非とも行ってもらいたいお店があります。
「万宝海鮮坊」大連で指折りの高級海鮮料理店です。

ピカピカに磨かれた大理石のエントランスには、これまたピカピカのシャンデリアが下がり
ここはベルサイユ宮殿か!と思うほど。
P1160015.jpg P1160024.jpg

中国人スタッフがお行儀よくホールに整列し御用を待っています。
人をふんだんに使うというのも贅沢なんですね。
歴史本や小説でしか見たことがない光景です。貴族気分を疑似体験。

2階から6階までは個室になっていて、大切な接待や宴会に使われることが多く
連日予約がいっぱいなのだとか。

1階のテーブル席は予約制ではないのですが、非常に混雑しています。
まず、1階の水槽から好きな海鮮を選びます。食材は量り売りです。
アワビ、ロブスター、車エビ、ワタリガニ、シャコ、ふかひれ、なまこ、鯛、太刀魚、ヒラメなどなど
庶民である私が日本ではなかなか一時に目にすることが出来ない高級食材がならんでいて
思わずテンションが上がります。
食材を選んだら、調理方法をオーダーします。お勧めの調理方法を教えてくれるので安心。

P1160019.jpg

注文が済んだら席に案内されます。廊下まで豪華!
P1160018.jpg

そして調理されてくる料理の旨いこと、そして美しいこと!!!

P1160037.jpg P1160034.jpg
P1160028.jpg P1160038.jpg

個室担当のお姉さんが、的確なタイミングでビールを注ぎ料理を運び
甲斐甲斐しくお世話をしてくれます。
やはりここは竜宮城なのか!?

中国ではビールは水の様に軽いものが好まれています。
「医食同源」の考えにより、冷たい飲み物は好まれないので、
普通のお店ではビールもぬるいものが出てきます。

しかし流石は高級海鮮店。
常温か冷たいビールかを聞いてくれて、その通りの物が出ます。

日本人客も多いので、日本語を話すスタッフもいますが
普通のウエイターさんは中国語しか通じませんでした。

そして、お会計は・・・・いくらだったのでしょう?
ご馳走になってしまったので、詳細は分からないのですが
「日本で食べるよりも全然安い」らしいです。とはいえ高級店です。

P1160026.jpg

クチコミを見てみると、ふたりで700元の時もあれば、2000元もあり。
食材によって差があります。ロブスターを注文するとぐっとお値段が上がります。
予算をあらかじめ伝えておくといいかもしれません。
しかしここはケチらず、自分へのご褒美として奮発したいところ。

大連は中国の東北部に位置する国際貿易港で、開放的な雰囲気の風光明媚な街。
日本の企業も多く進出しています。
親日家も多く、中国の他の都市とはまるで雰囲気が違います。

P1150976.jpg  P1150983.jpg
かつてロシアの租借地であった名残。

P1160055.jpg P1160065.jpg
「満州」だったころの名残の石造りの建物に、レトロな路面電車。

P1160053.jpg
その後ろには近代的な街並み。

P1160068.jpg
対照的にこんな路地も残っています。

混沌として、歴史があって、おいしくて、美麗な街。
それが大連です。


万宝海鮮坊(Wanbao Seafood Fang)
住所:中山区解放路108号(労働公園東隣り) 大連 中国
営業時間: 11:00~15:00 17:30~24:00



ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

ビール王国

2013/11/27 (水)  カテゴリー/書籍

いまや空前のクラフトビールブーム。
世界各国のビールはさらに美味しさを増しています。
とはいえ、これまで日本にビールだけを扱った雑誌はなかったのではないでしょうか?

2013年10月31日、満を持してビール専門雑誌『ビール王国』が創刊されました。
ワインの専門誌としてもっともメジャーな『ワイン王国』の弟分です。

IMG_3822.jpg

名店のパブ飯レシピや、ビールと料理のペアリング、ビール大国のボトル紹介、
ビールの有名人インタビュー、ビールのネタ帖、などなど
ビール好きの心を揺さぶるネタが盛りだくさん。

私も取材執筆をしています。
どの記事かは・・・実際にお手に取って探してくださいな。

ビール好きが集まって、真剣に、楽しみながら創った一冊、
きっと美味しいビールに出会った時のワクワク感が伝わると思います。

書店にない場合はWebでご注文ください。
Stereo Sound Store
https://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=1858


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

Stroller’s

2013/09/09 (月)  カテゴリー/中国旅ビール

『Stroller’s』 は中国の貿易都市、大連にあるビアバーです。

日航ホテルの裏、外国人向けのレストランや日本食のお店が並ぶ一角に
突如出現する風変わりなレンガ造りの壁。
P1160173.jpg

入り口も多国籍な古道具がディスプレイされています。

アーリーアメリカンの農耕機、金ぴかの女神像、魔女の人形、
スキー板、ドラム、エンジン付きの自転車などなど。
P1160170.jpg

店内に進めば、壁には各国の映画のポスター、足元には今は無き満鉄のマンホール。
すべてがごちゃまぜになった不思議空間です。

店名のStrollerとは英語で放浪者の意味。
まさに放浪の旅から戻ってきた旅人が荷をほどいたという印象です。

とはいえ、メニューは本格的。
料理は140種類、飲み物も120種類以上揃っています。

ベルギー、ドイツ、アメリカをはじめとする
世界中から集めてきたビールの品揃えは、なかなかのもの。

P1160169.jpg

メニューは英語と中国語で表記されています。
店員さんの英語はなかなか流暢でした。
外国のお客さんが多いせいかしら?

11:30から営業しており、ランチメニューがあるのもいいですね。

2006年には雑誌「CHINA EXPAT」で
中国ベストレストランに選ばれたそうです。

確かに、誰しもを受け入れて飲みこんでしまう「Stroller's 」は
不思議で素敵なレストランです。


『Stroller’s』
住所 : 大連市中山区吉慶街4号 中国
営業時間: 11:00~26:00
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g297452-d1474550-Reviews-Stroller_s-Dalian_Liaoning.html



ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

中国国際ビール祭り

2013/09/07 (土)  カテゴリー/中国旅ビール

中国の大連で開催された「中国国際ビール祭り」
P1160125_201309072328469ec.jpg 

アジア最大規模と言われるこのお祭りには、国内外から沢山の観光客が押し寄せ、大変な賑わいになります。
15回目の今年もドイツ、チェコ、アメリカ、韓国、日本など中国内外の30社以上が参加し、
400種類以上のビールが集まりました。

会場は海に近い星海広場。10元(≒130円)を払って入場します。
街では瓶ビール1本は6元、飲食店では8元程度(1元≒13円)です。
ビール祭りでは1本40~50元ですから、現地の方の話ではみんなが行けるものではないそうです。

2012年は7月26日から12日間開催され、期間中130万人が訪れました。
ビールの消費量は1000トンを超えたそうです!
2013年はさらに5日間延長されたので、さらに賑わったことでしょう。

各社、ネオンサインで派手に彩られた巨大なテントを出しています。
雪花、ハルピン、青島などの中国ビール会社のテントでは瀑布のような大音量で音楽が流れ、内臓まで震えるほど。
中国の方は平気なのでしょうか?
P1160155.jpg  P1160166.jpg

中の屋台で売られているものは海鮮や揚げ物、羊肉の串焼きなどなど。

P1160089_20130907232850d69.jpg
ムカデやサソリ、セミの幼虫を串に刺したものを売る店も多く、ここは中国であることを実感。

期間中にパレードやコンサート、クイズ大会など様々なイベントも催されており、
なかには来場者参加型のビールの早飲み大会も。一気飲みは危険ですぜ!!!

色んなビールテントをはしごして、ホッとできたのはドイツ「オクトーバーフェスト公式テント」だけでした。
P1160137_20130907232843c88.jpg  P1160146_20130907232840cb6.jpg

青い空と白い浮雲をモチーフにしたテントに、生バンドの演奏、立ち上がって乾杯する人々。
本場ミュンヘンのオクトーバーフェストさながらの光景です。

「アイン・ツヴァイ・ドライ・ズッパー・プロースト♪」が
「イー・アル・サン、カンペー」であるのには、思わず頬が緩みます。
P1160133_20130907232845fac.jpg

そして、飲んだら行きたくなるのがトイレ・・・・
それが、想像を超えた「ニーハオトイレ」っぷり。
普段はナースをしていて、人の汚物になれているはずの自分でもかなりキツかったです。
そりゃぁ、もう、、、思い出すだけで、、、嘔吐しそう!
もうトラウマだな。

ところで、中国のビール消費量は8年連続で世界一なんですよ。(2010年統計)
世界の消費量は18269.4万キロリットルで、そのうち中国は4468.3万キロリットルですから、実に世界のビールの24.5%が中国で消費されていることになります。
生産量も4483.0万キロリットルで首位。

ところが、ひとり当たりの消費量でいえば中国は49位で、1位はチェコ、続いてドイツの順番です。
ヨーロッパではひとりあたりのビール消費量が年々低下しているにもかかわらず、中国では増加傾向にあり、都市部を中心にさらに飲用層は拡大しています。
今後も経済の発展によりビールを飲む人口と、一人当たりの消費量は増加すると見込まれています。

P1160112_201309072328482c8.jpg

何もかも桁違いの中国・・・カルチャーショックを受けました!
これから、どう進化していくのでしょうか?
真っ先に、爆音とトイレは何とかしてもらいたいと思っているのは
私だけではないはず!



ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

極上のクラフトビールが飲める120店

2013/07/19 (金)  カテゴリー/書籍

「極上のクラフトビールが飲める120店」
P1170344.jpg

2013年7月8日に株式会社エンターブレーンさんから発売されたこの本を
もうお持ちでしょうか?

まだでしたら、すぐに本屋さんにGOです!

2010年に販売された書籍の改訂版で、今回新たに51件が加わっています。
都内を中心に、本当に美味しいクラフトビールが飲める120店
路線ごとに紹介されているので、梯子ビールにはもってこいの一冊です

私も新規店の何店かを取材執筆して
本のお尻にちょこっと私の名前も載せて頂きました。

さて、私はどのお店を書いたでしょうか?


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。