スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所

2009/10/15 (木)  カテゴリー/チェコ旅ビール

「Pivovaru Budejovicky Budvar
   ブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所」


P1090987_20091015205322.jpg
ピルゼンでピルスナーが誕生する以前より南ボヘミア地方はビール醸造が盛んでした

神聖ローマ帝国カール5世の弟で
オーストリア系ハプスブルク家の始祖となったフェルナンド1世
この地のビールを愛飲していました。
スペイン生まれのこの王は「ブジェヨヴィツェ」が発音できず
ドイツ語読みの「ブドヴァイゼル」と呼んでいました

今ではこのドイツ語読みの方が有名になっています。

19世紀に入りアメリカのアンホイザーブッシュ社は自家製品を
「ブジェヨヴィツェ」の英語読み「バドワイザー」と命名し売り出しました。
もちろん本家の「ブジェヨヴィツェ」とは別のビールです。

20世紀になり本家ブジェヨヴィツェはアンホイザーブッシュ社に商標権を主張し
裁判を起こしますが、すでに時が経っていたので敗訴してしまいます。
アンホイザーブッシュ社はヨーロッパでバドワイザーを販売しないと取り決めをしました。
ところが時代が変わり、統合合併により巨大化した企業はヨーロッパでの
バドワイザー販売を目論んでいるそうです。
ヨーロッパにアメリカのバドワイザーが進出してくるのも時間の問題なのかもしれません。


醸造所は町の中心地からは歩いて40分ほどです
P1090988_20091015205322.jpg   P1090991_20091015205322.jpg

クタクタに疲れてたどり着いた工場のビジターセンターでは
見学は14時のみと冷たくあしらわれ、
付属のレストランは入り口がわかりにくく探し歩いた挙句
貸し切りだから飲めないと言われ・・・散々でした。
P1090997.jpg
交渉してようやく一杯だけ飲ませてもらえました。

ツーリストインフォメーションの案内とガイドブックを信じた自分に腹を立てつつ
「こんな不親切な醸造所のビールなんて美味しいはずが無い」と口にしたのですが・・
  P1090994.jpg
15分で飲みきれといわれた500mlのビールを5分で飲みきってしまいました。
喉が渇いていたというのもありますが
適度な苦味と爽やかさがあとを引き、あっという間にグラスが空になってしました。
くやしいけれど、醸造所で飲むビールは美味い!


レストランの入り口には、鍵のかかる
個人専用グラス置き場がありました。
(ドイツの伝統ある居酒屋にも同じような置き場がありますね。)
P1090992.jpg
ネームプレートに付けられた国旗を見るとチェコ以外の国がほとんどでした。
中には日本人の名前と国旗も。 どんな人なんでしょうね?


「Pivovaru Budejovicky Budvar」
レストラン営業時間:10:00~22:00
醸造所見学:団体予約以外14:00~
11月1日~3月31日 日曜、月曜日休み
      4月1日~10月30日 無休
所在地 :Kaloliny svetle4 Ceske Budejovice チェコ
http://budweiser-budvar.cz/en/index.html


ブログランキングに参加しています。 クリックするとランキングが上がります。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

Na parkanu

2009/10/01 (木)  カテゴリー/チェコ旅ビール

世界中で愛されているピルスナー発祥の地、チェコのピルゼン
ピルスナーウィルケルの醸造所とビール醸造博物館については以前ご紹介しました。
     ↓ ↓ ↓
http://gogorinreise.blog34.fc2.com/blog-category-15.html

今回はビール醸造博物館に付属している酒場をご紹介しましょう。
「Na parkanu」
P1100006.jpg

博物館の見学には、背中合わせに立つこの居酒屋で一杯飲めるコインが付いています。
以前、博物館を見学した際に時間が無くて飲めなかったことが心残りだったので
今回、乗り継ぎの合間に行って飲んできました。

何と言っても無濾過のピルスナーウィルケルを注文できるのが嬉しいところ。

一般的にビールは酵母や沈殿物をフィルターで取り除いてから瓶詰め、出荷されています。
残った酵母は瓶内で発酵を進めますし、沈殿物は異臭や雑味の原因になるからです。
だた、それは出荷から私たちの口に入るまでに輸送に振動や時間がかかる為に起こることです。
産地で新鮮なまま飲めるのであれば無濾過であっても問題はありません。
P1100010.jpg
無濾過といえどもさほど混濁していません。

無濾過のピルスナーウィルケルは荒々しく男性的な強さです
鍛えぬいた大人の男性というよりは純粋さ素直さを失っていない若武者のイメージ。
ホップの苦味や雑味をダイレクトに舌に感じました。
驚くほど美味しいです。

チェコはピルスナーが有名ですが、黒ビールも多く作られています。
P1100013.jpg
カラメルのような甘さと苦さの後に、
ふわりと完熟したフルーツのような香りがするのが特徴です。
どの居酒屋でもたくさんの人に愛され、飲まれていました。


「Na parkanu」
営業時間:月曜~木曜日 11:00~23:00
     金曜、土曜日 11:00~25:00
     日曜日    11:00~22:00
所在地 :Velesavinova 4.301 14 Pilzen チェコ
http://www.naparkanu.com/na-parkanu



ブログランキングに参加しています。
クリックするとランキングが上がり、私のやる気もUP!?
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ピヴォヴァルスキー・ドゥーム

2009/05/22 (金)  カテゴリー/チェコ旅ビール

「ピヴォヴァルスキー・ドゥーム
            Pivovarsky Dum」


ガラス張りの店内に醸造タンクが見えます。
ここで造られる出来立てのビールが味わえます。
毎日300リットルのビールが造られるとか。
若者に人気のお店で、週末にはすぐに席が埋まってしまいます。
P1060186.jpg  P1060187.jpg

ビールは定番のクラシックビール、ダークビールのほかに、
コーヒー、ナッツ、バナナ、サワーチェリーなどのかフレーバービールも造っているのが特徴。

8種類のビールをちょっとずつ飲めるお試しセットもありますから
いろんなビールを楽しめます。

変わり者フレーバービールといえども侮ること無かれ!!
どのビールも完成度が非常に高い。
日本地ビール協会のビアコンペに出してもメダルを取れてしまうのではないかと
思うくらいの美味しさでした。


「Pivovarsky Dum」
営業時間:11:00~23:30(無休)
所在地 :Jecna/Lipova15 Praha チェコ共和国
最寄り駅:B線「Karlovo nam」 C線「I.P.Pavlova」下車
http://www.gastroinfo.cz/pivodum/

P1060160_20090522084500.jpg


ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ウ・メドヴィードク

2009/05/21 (木)  カテゴリー/チェコ旅ビール

「ウ・メドヴィードク U Medvidku」
「熊の館」という意味のビアホールです。

歴史はなんと1466年までさかのぼります
そこから200年以上もの間、ビールを醸造していました。
1898年、急成長する他醸造所に押されて工場は閉鎖しましたが、20世紀始めにプラハでキャバレー付きビアホールとして蘇りました。それもつかの間、1950年代には工場は社会主義国家の公益とみなされ没収。1989年に再びもとの持ち主に返却され、現在に至っています。
歴史のうねりを生き抜いてきたビアホールです。

現在でも小さな醸造施設でビールを醸造していますが
自社ブランドよりもチェコ大手のビール「ヴドヴァル」が美味しく飲めるということで
有名になっているのは皮肉なものです。

店内は右側がビアホール、左側がバーになっています。
店の奥はビールのグッツの売店があります。
P1060183.jpg

以前は上の階にビールは博物館があったのですが2007年に閉鎖されてしまったそうで
いまはわずかな醸造道具と資料が残るのみです。

その資料を見ていたら発見!
日本の「ひでじビール」と「日本醸造者協議会」で銅メダルを取った証明書。
チェコと日本との接点を見付けちゃいました。
P1060172.jpg  P1060175.jpg


この店を人気たらしめたビール「ヴドヴァル」
チェスケー・ブディヨヴィツェで造られるチェコを代表する名作ビールです。
アメリカの「バドワイザー」の元です。

ライトカラー(ピルスナー)とダークカラー(黒ビール)があります。
私はダークを注文。
P1060176.jpg  P1060178.jpg

ビターチョコを齧ったような、ほのかな甘さと苦さ。
新鮮なビールは文句なしに美味いっ

チェコ料理のちょっと重めのソースにもあいそうです。


「U Medvidku」
営業時間:11:30~23:00
所在地 :Na Perstyne 7 Praha チェコ共和国
最寄り駅:B線「Narodni trida」徒歩3分
http://http://www.umedvidku.cz/

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ウフレクー

2009/05/21 (木)  カテゴリー/チェコ旅ビール

チェコは世界中で飲まれているピルスナービールの発祥の地。
年間の一人あたりのビール消費量はドイツを抜いて世界一!
ボトルのビールが一本あたり70円から130円程度なのも嬉しいところ。
日本ではあまり知られていない隠れた名作ビールも多く存在しビールマニア垂涎の地です

ビアホールはチェコ語で「ピヴニッツェ」
ビールは「ピーヴォ」 ・・・痛ててて 舌をかみそう。


チェコの首都、プラハに来たら外してはいけないビールの聖地は
「ウ・フレクー U Fleku」です。
創業は1499年。日本なら織田信長すら登場していない戦国時代です。
チェコ語の文字盤の時計が目印、プラハで最も古いビアホールです。
当時から変わらない黒ビールが自慢です。
P1060151.jpg

店内はいくつかのホールに別れています。
並ぶ長テーブル、客の間をたくさんのビールをお盆に載せて動き回るウエイター達。
陽気で騒がしくて、昔ながらの居酒屋の雰囲気です。

空いている席を見付けて適当に座れば、ウエイターがやってきて
「はいよ、これだろ?」と目の前に黒ビールが置かれました。

そうそう、これですとも! 

みんなコレ目当てにくるので注文する前に持ってきてくれます。
グラスが空になれば、自動的に新しいグラスと交換してくれます。
油断禁物。 ちゃんと断らないと、新しいグラスがきます。

P1060152.jpg

黒ビールは麦の香ばしさと甘みを感じますが、ねっとりとした感じはなく切れがあり
心地よく喉を通り過ぎていきます。後に爽やかな香りが残りました。
いままで飲んだ黒ビールの中で3本の指に入る美味しさ!
名に溺れてまずいビールを出す店が多い中
ウ・フレクーは誇りと味を守っています。
さすがはビールの国チェコです。 

プラハに来たなら、モルダウ河の次にはここに立ち寄ることをお忘れなく。
P1060157.jpg
(冬のモルダウ河)

「U Fleku」
営業時間:9:00~23:00
所在地:Kremencova 11 Praha チェコ共和国
最寄り駅:B線「Narodni trida」徒歩5分
http://www.ufleku.cz/

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ピルゼン:ビール醸造博物館

2008/06/28 (土)  カテゴリー/チェコ旅ビール

チェコのピルゼンまで来たら是非寄ってもらいたい場所は2つ。
ひとつは言うまでも無く「プルゼニュスキー・ブラズドロイ醸造所」(ピルスナーウィルケル醸造所)
そしてこの「ビール醸造博物館」です。

プルゼニュスキー・ブラズドロイ醸造所からはラプザ河をはさんだ旧市街にあります。
ブルゼニュ駅(ピルゼン駅)からも歩いて15分ほどの距離。
ピルゼン博物館正面

ビール醸造にも使われていたことのある博物館の建物は、持ち主が時代と共に代わって
錠前屋、居酒屋、宿泊所、だったこともあるそうです。
気取った感じがなく「ここでいろんな人が生活していたんだ」と感じさせてくれる建物でした。
馬草の香りすらしてきそうです。
ピルゼン博物館中庭

受付で入場料60kcを払うと日本語の案内書を貸してくれます。
それを見ながら進みます。

ここにピルゼンのビールの歴史が展示されています。
井戸やモルトを乾燥させる棚は当時使われていたまま。
当時の居酒屋の様子、研究室、ビールの看板やめずらしいグラスが展示されています。

私のお気に入りは切り株を利用したビアマグ。
1mくらいの高さで、優に20ℓは注げそうです。
ピルゼン博物館切り株

地下室は春だというのにひんやりとしていました。
ここに氷を運び込むことで、夏の間でもビールを貯蔵しておくことが出来ました。
ピルゼン博物館地下室

見学の最後には隣のレストラン「U Salmannu」で300mlのビールが試飲できます。
無濾過のピルスナーウィルケル(!)も飲めるという話を聞きました。
しかし、私は残念ながら電車の時間がせまっていたのでレストランによることは出来ませんでした。

ビール好きでなくても庶民の歴史を感じられて、楽しめる博物館です。


「ビール醸造博物館」
http://www.prazdroj.cz/en/

開館時間
1~3月  10:00~17:00
4~12月 10:00~18:00
無休。 予約は不要です。

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。