スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルトゥアブラウエライ ハイデルベルク

2009/06/25 (木)  カテゴリー/ハイデルベルク旅ビール

「クルトゥアブラウエライ ハイデルベルク
    Kulturbrauerei Heidelberg」 

赤色砂岩と赤レンガでできた趣のある建物が並ぶハイデルベルクの旧市街にあります。

入り口近くに別の棟があり、ガラス越しに醸造施設が見られます。
P1050195.jpg

営業は朝の7時から。ずいぶん早いと思ったら、ホテルも兼ねてました。
宿泊客に朝食を提供する為に空けるのならついでに、ということでしょうか?
ただし、一般客が食事を注文できるのは11時から23時まで。
飲んでそのままベッドに飛び込めるのはビール飲みにとっては嬉しい限り!

P1050192.jpg  P1050194.jpg
店内は学生の集まりにも使われているようで賑やかです。
若者たちが熱っぽく話しているかと思えば、
少しはなれた場所で上品な紳士が静かにフルコースを食べていたりもします。
店の様子は昔も今も、そしてこれからも変わらないんでしょうね。



ハイデルベルク学生の町です
1386年に創立されたループレヒト・カールス大学、通称ハイデルベルク大学
ドイツで最も古い大学です。 日本では室町時代が始まったばかりです。
これまで10人のノーベル賞受賞者を出しています。
P1050259.jpg

かつて大学は治外法権であったため、問題を起こした学生は大学が処罰を下していました。
そのための学生牢です。1712~1914年まで使用されていました。
血気盛んな学生にとって牢に入るのは粗野でちょっとかっこよかったことらしく、
豚を街に放すなどの悪戯をしてわざと牢に入る学生もいたとか。

P1050251.jpg
牢の壁は学生達の入牢記念というべきか、いたずら書きがビッシリ。
便器は「王の椅子」と呼ばれていたそうで。
せっかくのお仕置きも効き目が無かったようです。


街の高台にはプファルツ選帝侯の居城であったハイデルベルク城があります。
戦争や火災で一部廃墟と化しているところが旅情を誘います。
P1040345.jpg  P1050199.jpg

フリードリッヒのバルコニーからは旧市街とネッカー河が臨めます。
城の地下の世界最大のワイン樽も必見です。
P1050224.jpg  P1040350.jpg



「Kulturbrauerei Heidelberg」
営業時間:日曜~木曜日 7:00~25:00
     金曜~土曜日 7:00~27:00
所在地:Leyergasse6 Heidelberg ドイツ
http://www.heidelberger-kulturbrauerei.de/

ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。