スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Temple Bar Pub

2012/03/25 (日)  カテゴリー/アイルランド旅ビール

『The Temple Bar Pub』
ダブリンのリフィー川の南岸に広がる石畳の地区「テンプルバー」のランドマーク的なパブです。

テンプルバーは、東はトリニティカレッジ、西はクライストチャーチまで広がっています。
               ↓↓               ↓↓
P1140634.jpg   P1140565.jpg


「バー」とは土砂が堆積した河口や砂州のこと。「テンプル」はこの地を所有したテンプル一族に由来します。
P1140511.jpg  P1140494.jpg

端から端までのんびり歩いても10分とかからない狭いエリアに
Pubやカフェ、アートセンターがひしめく、ダブリンでも最先端のカルチャーエリア
夜には通りのあちこちから、アイリッシュのセッションや人々の笑い声が聞こえてきて賑やかです。

ドイツ、デュッセルドルフの旧市街にあるレストラン街を「世界一長いバーカウンター」といいますが、ここダブリンも負けていません。
そのどの店でも、目玉が飛び出るような美味しいビールが楽しい音楽と共に飲めるのですから嬉しさのあまりスキップしたくなるような通りです。

テンプルバーの中心にあるPubはその名も『The Temple Bar Pub』
界隈で一番の賑わいです。

Pubの重厚な扉を開けると目に飛び込んでくるのが演奏用の小さなステージ。
昼間にもかかわらず、ミュージシャンがカントリーミュージックを気持ちよさそうに、つま弾いていました。
店内は雰囲気の異なるいくつかの部屋に分かれていますが
ビールを持って自由に行き来でします。
どの部屋にいても演奏は聞こえてきます。
P1140642.jpg  P1140639.jpg

カウンターの中の白いひげに顎を覆われたベテランバーマンは
西洋から来た小さなお客さんに気を配りながらも、
多くの注文を正確にさばき、
常連さんのおしゃべりの相手をし、
うっとりするくらい完璧な泡の乗ったギネスを注いていました。正に神業!

きっともう何十年もこのカウンターに立ち続けているのでしょうね。
そのビアタワーやリキュール、グラスで埋め尽くされたバーカウンターの中は
彼の城であり、誇り高き職場なんだろうな、なんて
美味しいギネスのグラスに顔を突っ込みつつ、尊敬の念をもって彼の正確な動きを眺めていました。

食事もとても美味しかったです。
ブラックプティング(豚の血液を入れたソーセージ)も適度な臭みがくせになり
ビールが進んでしまいました!

テンプルバーのPubは、夜は朝の山手線か、ってくらい混んでいますから、
ゆっくりビールと音楽を味わいたいという方は、ランチタイムを狙うといいでしょう。

P1140602.jpg P1140603.jpg
テンプルバーの西端、市庁舎の内部

『The Temple Bar Pub』
所在地:The Temple Bar Pub 47/48 Temple Bar Dublin アイルランド
営業時間:月曜~水曜日 10:30~25:30
     木曜~土曜日 10:30~26:30
     日曜日 11:30~25:00
ホームページ:http://www.thetemplebarpub.com/


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

Guinness Storehouse

2012/01/13 (金)  カテゴリー/アイルランド旅ビール

『Guinness Storehouse』
ビール好きの聖地!アイルランドに渡ったからには、ここに行かなければ意味がない!!
ギネスビールの工場とその敷地内にあるギネス博物館です。

P1140527.jpg  P1140560.jpg
                             工場内に敷かれたレール。
                           昔は馬力でビールを運搬していました。

ダブリンの街並みにあった煉瓦造りの古い醸造所は、内部をリフォームし
様々な方法で私たちにギネスの魅力を伝えています。

7階建てのビルの中心は
パイントグラスの形状に切り抜かれた姿をした巨大な吹き抜けになっています。
もしそこにギネスを注いだら1430万パイント分もあるとか。

「巨大パイントグラス」の底には、
創業者アーサー・ギネスがセント・ジェームズ・ゲイト醸造所を9000年間(!)
に渡って借り受けるとした契約書のコピーがはめ込まれています。

いずれは買い取るつもりだったのでしょうけど、
賃貸契約が切れる9000年後の世界を想像してみるのは面白いですよね。
やはり人類はどんなに進化してもギネスを飲んでいるってことでしょうか?

P1140528.jpg    P1140531.jpg
     覗き込む人々         90000年の賃貸契約もギネス記録かしら? 


醸造の過程や歴史が視覚的にわかりやすく展示されており
英語が分からなくても十分にギネスの魅力が伝わります。

P1140535.jpg     P1140558.jpg

特に歴代の広告ポスターは今見てもユニークで個性的!
わずかな時間で描かれるTVコマーシャルもストーリーの完成度が高く、
近代芸術として美術館に収めたいほどです。


見学の最後は、最上階の展望バーへ。
360度ダブリンの街が見下ろせる気持ちの良い場所です。

P1140539.jpg
そこで最高の技術で出来立てを注いだ「パーフェクトギネス」が頂けます。
パイントをこんもり覆う白い泡だけでなく、液体もふんわり軽くて苦さも最適。
グラスが空になるまで泡が残っていました。
いままでで飲んだギネスで間違いなく一番の美味!
鮮度と注ぎ方が良いと、ギネスはここまで美味しくなるのか!と驚愕すること間違いなしです。

私はグリニッジ天文台時間の
2011年11月11日11時11分にこのパーフェクトギネスを飲みました。

P1140551.jpg   P1140549.jpg

当面の間は自慢話に不自由しませんv

5階のブルワリーバーではアイルランドの郷土料理と共にギネスが楽しめます。
私が注文したのは、ギネスで造ったシチュー。

P1140557.jpg

イギリス、アイルランドの滞在で食べたどの料理よりも美味しく感動しました!

ギネスストアハウス
行って絶対に後悔はしません!

『Guinness Storehouse』
所在地:St. James Gate Dublin アイルランド
ホームページ:http://www.guinness-storehouse.com
営業時間: 9:30 ~17:00(9月~6月)
      9:30 ~19:00(7月8月)
入場料:15ユーロ (各種割引あり。ネットで安く購入できることもあります)


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

『The Church』

2012/01/13 (金)  カテゴリー/アイルランド旅ビール

『The Church』
P1140573.jpg
ダブリンの中心街、マリー通り。
その名の通り、もともと教会だった建物を利用したパブです

18世紀初頭にSt. Mary's Churchとして建築されましたが
教会は1964に閉鎖され、以後長い期間打ち捨てられていました。
2005年にバーにリフォームされ
2年後に今のThe Churchとしてリニューアルオープンしました。


P1140575.jpg  P1140577.jpg

ステンドグラスやパイプオルガンなどの教会装飾を持った美しい店内
一階部分は中央に楕円形のバーカウンターを備えたパブスペース、
2階の回廊部分はレストランで、その他クラブ、カフェとしても使われています。
日曜から水曜日までのナイトタイムには、アイルランドの伝統的な音楽が演奏され
ダブリンの夜をロマンチックにそしてリーズナブルに楽しめます。

P1140578.jpg
この日はサッカー中継が。贔屓チームを応援する地元の人で賑やかでした。

『The Church』
所在地:Junction of Mary St. & Jervis St. Dublin アイルランド
ホームページ:http://www.thechurch.ie/
営業時間: 月曜~木曜日 11:00~23:30
     金曜~土曜日 11:00~27:00
     日曜日 12:30~23:30


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

The Porterhouse Temple Bar

2011/12/05 (月)  カテゴリー/アイルランド旅ビール

The Porterhouse Temple Bar
P1140493.jpg
ダブリンのビールに詳しい友人たちに勧められて入ったPUBです。
このPUBが私のアイルランド観を造った、そう言っても過言ではありません。

アイルランドでは珍しい自家製ビールを出しているブリューパブです。
自家製ビールは11種類。
(スタウト、エール、ラガーを各3種類、とスペシャルとシーズナルビアを各1種類)
大手メーカーの樽が20種類ほど。
そして世界中の瓶ビール200種類(!)を扱っています。

ポーターハウスが生まれたのは1989年、アイルランドの小さな田舎町でした。
ダブリン随一のPUBストリート、テンプルバーでブリューパブを始めたのは1996年のこと。
今ではダブリン市内に3か所、ロンドンのコヴェントガーデンや、ニューヨークにも
店を構えています。

19世紀、アイルランドには200を超える醸造所がありましたが、
大きな会社に吸収されるなどして現在は15か所しか残っていません。
アイルランドビールの個性が薄れつつある中で、ポーターハウスは強烈なインパクトで私たちを圧倒させてくれます。

なかでも店員に勧められて飲んだ「Red Ale」は最高でした!

舌の上で弾けるホップの香り、次いでブランデーにも似たフルーティな甘さと熱感が
口いっぱいに膨らみます。正に口福とはこのこと!

私が訪問したのは冬の初めでしたが、運よく夏のスペシャルビール
「Hop Head」のおこぼれに与ることが出来ました。
ホップジャンキーの私がうなるほどの旨さです
刈り草のようなファグルホップがガンガンに効いていて香りをかぐだけで別世界に飛んでしまいそうです。

観光客向けに「小さなグラスで3種類のビールお試しセット」もありますが、
演奏が始まるころには店員さんもお代わりビールを注ぐのに大忙しなので
店員さんの余裕がある昼間に
ゆっくり話でもききながらこれを注文してみるといいでしょう。

テンプルバーの店内は3階までの吹き抜け。
吹き抜けの2階3階部分は大人2人が立てば腕が当たってしまうほどの小さなステージになっています。

夜も更け月が高くなったころ、ステージでは演奏が始まります。
歌うことが大好きなアイルランドらしく、
吹き抜けを囲むように客が集まりギターに合わせてみんなで歌っていること。

曲目はみんな知っているようなヒットホップスが主。
演奏者もお客さんもノリノリです!
ミュンヘンのオクトーバーフェストのノリを思い出しました。
演奏が始まるとうるさ過ぎて会話はできません。

アイルランドを訪れたなら、ここポーターハウスに立ち寄ることをお忘れなく!

『The Porterhouse Temple Bar 』
所在地: 16-18 Parliament Street Dublin アイルランド
ホームページ:http://www.porterhousebrewco.com/
営業時間:定休日は無く、昼から真夜中過ぎまで開いています。

P1140496.jpg   P1140567.jpg
美味しいビールを扱うPUBがずらりと並ぶ道「テンプルバー」
朝まで賑やか。

ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

The Brazen Head

2011/11/22 (火)  カテゴリー/アイルランド旅ビール

The Brazen Head
創業は1198年ダブリンで最も古いパブです。
アイルランド最古の大学、トリニティー・カレッジよりもまだまだ古い。
イングランド王ヘンリー2世がダブリンをアイルランド支配の拠点に定めたばかりのころです。
日本なら、イイ国造ロウ鎌倉幕府の時代。
そんな時代から続くパブに出会えて歴史好きには感動ひとしおです。

P1140583.jpg
アーチくぐると中庭。湿り気を帯びた風が駆け抜ける秋の夜でも
中庭では大勢の人が熱気を帯びた声で語り酒を交わしていました。
きっと800年間変わらない姿なんでしょうね。

建物の中はいくつかのBarスペース、宴会スペースに分かれています。
毎晩21:30ごろからバンドの生演奏が始まります。
カントリーミュージックだったり、アイルランドの民族音楽だったり。
日曜日は15:30から観客参加型の演奏もあるとか。
アイルランドでは名の知れたミュージシャンも登場することでもちょっと有名な店です。

P1140587.jpg P1140589.jpg

心地よい音楽に体を預け、ぬるいエールを舐めながら、
ここを過ぎ去った900年の時間に想いを馳せるのもいいかもしれません。
きっと数百年前の旅人も同じことをしたはずですから。

『The Brazen Head』
所在地:20 bridge Street Lower, Dublin アイルランド
ホームページ:http://www.brazenhead.com/
営業時間:月曜~金曜日10:30~24:00
     土曜日11:00~24:30  日曜日12:00~24:00


P1140631.jpg
トリニティ・カレッジ中庭。ケルトの至宝「ケルズの書」を収める

ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。