スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LES 3 BRASSEURS

2009/04/28 (火)  カテゴリー/フランス旅ビール

フランスのランスといえばシャンパン?
P1030580.jpg

それともランス大聖堂?? 
  P1030494.jpg P1030593.jpg

いえいえ、シャンパン文化に囲まれながらも
根気強くビールを醸造しているレストランもあります。
「LES 3 BRASSEURS」
P1030521.jpg  

店内は古道具や看板で飾られています。
ちょっと垢抜けているのはお洒落の国フランスならでは。
ドイツでは見られないセンスの良さ! おっと失礼。
P1030511.jpg  P1030508.jpg


運よく、醸造マイスターの一人とお会いでき地下の醸造施設を見せていただきました。
P1030513.jpg


ビールのスタイルは店名のとおり、ベルギー風
常時提供されているビールは
ブランシェ
アビィ
ブロンド
ブラウン
の4種類。
それにスペシャルビールが加わります。
私が訪問したときは甘い香りのフルーツビールでした。
P1030516.jpg

どれのビールも細やかな炭酸が舌を刺激して
辛さを感じさせながらキラキラと喉に流れていく感じ。
磨かれた麦から作られたシャンパンをイメージさせられます。
洗練された味わいです。
ランスの乾いた気候や土地の人の嗜好に合わせたビールなのでしょう。

旅に出るとその土地で飲むのに相応しいビールに出逢えます

乾燥した土地では水のように飲める爽やかなビール
寒い土地では体を温めるアルコール度数の高いビール
交易が盛んな土地では防腐作用の強いホップの効いたビール

100の土地で100のビール、いやそれ以上のものが私たちを待っています。
土地の水、施設の規模、醸造家の情熱、それに気候や嗜好、伝統が折り重なり
何ひとつ同じ味はありません

だからビアライゼは止められません!



「LES 3 BRASSEURS」
所在地 :73 Place Drouet d'Erlon 51100 REIMS
最寄り駅:ランス中央駅徒歩5分
http://www.les3brasseurs-reims.com/



ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

パウラナーブロイハウスPaulaner Brauhaus

2009/04/28 (火)  カテゴリー/ミュンヘン旅ビール

おいしいビールと昔ながらの素朴なバイエルンの雰囲気を味わいたいのであれば
「パウラナーブロイハウスPaulaner Brauhaus」
はいかがでしょうか?
P1040730.jpg  P1060238.jpg

生演奏にあわせて踊れるとか、民族衣装を着たオジサマ連中のたまり場になっているとか
観光になるものはありませんがビール通を黙らせるにはここです。

店の戸をくぐると目にピッカピカの釜が飛び込んできます。
071121_192245_20090428084459.jpg

お店の地下でビールを醸造しているので新鮮なビールがいただけます
大手ビールのレシピで、レストランで出すだけの量を大切に作る。
壁には醸造中のビールの情報が掛かっていて手作り感が漂っています
P1060239.jpg  P1060241.jpg

地下は発酵タンク、貯蔵タンク、が設置されています。
工場では雑菌が入らないように密閉された空間で発酵が行われるのですが
ここでは温度管理された室内でオープン状態で発酵が進んでいます。
タンクの梯子によじ登ってブクブク盛り上がっていく泡を見せてもらいました。
071121_194444_20090428084519.jpg

ビールって生き物なんだー いい子に育てよ!
ポコリと泡が生まれるたびに胸が高まってしまいます。

通常は地下施設を見学することはできません。
店が提携する会社のブルワリーツアーに参加したときのみ見学できます


ちなみに私が参加したのはMunichwalktoursという会社が主催する「Beer&Brewerytour」
http//www.munichwalktours.de

マリエンプラッツに集合して16ユーロ払い、
「バイセスブロイハウス」→「パウラナーブラウハウス」→「ホフブロイハウス」の順で
居酒屋を巡ります。
料金にはバウラナーブラウハウスの見学、小さいグラスで3種類のビールの試飲が含まれています。  交通費、3件分の飲食費は自分で支払います。
071121_200751_20090428084536.jpg

ツアーはネイティブのイングリシュスピーカーを対象にしているので
アジア人には不親切。英語に自身がある方以外は、お勧めはしません。
(実は私、耐え切れなくて途中で退席してしまいました・・・)


ツアー代金は発酵途中のビールに会うための投資と考えるのであればいいのですが。
個人でレストランに行けば16ユーロもあれば、存分に美味しいものが楽しめます。


「Paulaner Brauhaus」
営業時間:10:00~25:00
所在地 : Kapuzinerplatz 5
最寄り駅:Uバーン3,6 「Goethplatz」徒歩5分
http://www.paulanerbraeuhaus.de/



ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

テレジエンブラウライ

2009/04/21 (火)  カテゴリー/オーストリア旅ビール

インスブルックはオーストリアのチロル地方の歴史ある州都。
アルプスの峰に包まれた美しい街です
歴史を感じながらも、のびのびとお散歩するのにはちょうどいい街です。
P1060287.jpg  P1060284.jpg

ハプスブルク家のマリア・テレジアもこの街を愛し
アルプスの蒼さに調和した美しい建物がいたるところに見られます。
P1060299.jpg
   (黄金の小屋根)


その町にあるビール醸造所兼、レストラン
「テレジエンブラウライTheresienbrauerei」
P1060278.jpg

レストランの奥に醸造タンクがあり出来立てのビールが味わえます。
店は若者らしい活気がありお洒落な雰囲気。
スポーツ観戦や音楽のイベントも開催されています。
P1060282.jpg  P1060281.jpg


定番ビールは
デュンケル(?)とヴァイツェンビール。
それに年に3種類のシーズンビールを出しています。
P1060280.jpg

澄んだ空気とアルプスの雪解け水が造るインスブルックのビールです。


「Theresienbrauerei」
所在地 :Maria-Theresien-straß 51-53 A-6020 Insbruck
Insburuck中央駅から徒歩10分
営業時間: 月~水曜日 10:00~25:00
木~土曜日 10:00~26:00
日曜日   10:00~24:00
http://www.ambichl.com/



ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ビアガーデン:ゼーハウスとビアガーデンの楽しみ方

2009/04/21 (火)  カテゴリー/ミュンヘン旅ビール

色々なミュンヘン市内のビアガーデンをご紹介して来ましたが
今回は「ビアガーデンの楽しみ方」について。


日本ではビアガーデンは夜になるとビルの屋上にオープンするものって
イメージがあるかもしれませんが
バイエルンでは緑の中にあります。そして昼間が一番に賑わっています。
夜は近所迷惑を考えて、23:30にはラストオーダーと決まっています。


ビアガーデンはレストランのものでなければ、セルフサービスです。
欲しいものは販売している小屋にもらいに行きます。
小屋はレジを通らないと外に出られないように柵で囲われているのが一般的。

P1060746.jpg
ドイツらしく秩序正しく美しく並びます。


食べ物のカウンターはこんな感じ。
P1060749.jpg  P1060750.jpg
後ろでは脂を滴らせた鶏が焼けています。
自分の欲しいものを皿に盛ってもらい、トレイに乗せます。

味はレストンよりは劣ります。
が、太陽がいいスパイスになるので不満は感じません。


お次はビールのカウンター
P1060748.jpg  P1060751.jpg
お好みのビールのサーバーの前でビールを受け取ります。
ジョッキから泡をこぼしながら豪快に注いでくれます。

定番はヘレスビールヴァイツェンビール
それにビールとレモネードをミックスしたラドラーがです。
もちろんノンアルコールのジュースも扱っています。

ジョッキは500mlか1ℓ。
ヴァイツェンビールの500mlはあってもヘレスビールは1ℓだけという場所もあります。
「そんなに沢山飲みきれない!」と思っていても
ドイツの乾いた空気と刺すような太陽の下ではあっという間にジョッキが空になります。
すぐにお代わりしたくなりますから。安心して大きいものを頼んでください

ジョッキはプファンドが掛かっているところもあります。
レジで札を渡されたら大切に取っておきましょう。
あとで専用のカウンターでジョッキと一緒にその札を返すとお金が戻ってきます。


レジはこんな感じ。
P1060747.jpg

さぁ、席を探しましょう。
緑にあふれたバイエルンのビアガーデン。
大きなマロニエの木が気持ちのよい木陰を提供してくれています。
長椅子とベンチが並べられています。 席を取らずに芝生の上に寝転がるのもいいでしょう。

P1060755.jpg  P1060760.jpg

席は大概、相席になります。
場所を見付けたら先客に、笑顔で挨拶をしてから座ります。
そこから新しい会話が始まり、輪が広がることもあります。

ビアガーデンには食べ物の持ち込みは自由です。
サンドイッチやハム、チーズを持参してピクニック気分です。
P1010376.jpg

ドイツ人のテーブルに目をやると
赤くて小粒の大根、ラディッシュが人気のおつまみのようです。
葉が付いたままざっくり洗ったラディッシュの尻尾を
手でちぎって塩をつけていただきます。

大根を薄くスライスして塩を振っていただくのも人気。
お母さんがテーブルにクロスを敷き、
大きなバスケットから、丸ごとの大根、包丁とまな板をバスケットから取り出し、
その場で切っている光景をよく見ます。
始めてみたときは驚きました!

写真は今度載せますね。

ビアガーデンには色々な人たちが来ています。
散歩途中の老夫婦とお供の老ワンコ、ベビーカーを押した若い夫婦、
熱く語っている学生たち、足を投げ出して一人で静かに本を読む女性、

みんな思い思いに自分の時間を過ごしています。

大きいビアガーデンでは子供のための遊具が設置されています。
P1060758.jpg

子供も退屈させません。 その間に親達はビールを楽しめます。
オトナもコドモも楽しめるのがバイエルンのビアガーデンです


以前にご紹介しましたが
ビアガーデンには気持ちよく過ごす為の条例があり
「ビアガーデンの定義」がうたわれています。
        ↓↓↓
http://gogorinreise.blog34.fc2.com/blog-entry-30.html
気持ちのいいビアガーデンに座っていると定義の意義を実感します。

バイエルンに住む人たちにとってビアガーデンは
癒し与える緑の庭であり、いろんな人が気軽に訪れることができる社交場です。



この記事のビアガーデンは一番のお気に入り
「ゼーハウスSeehaus」の様子でお伝えしました。
南北に広がるイングリッシュガーデンの北部にある小さな湖KleinhesseloherSeeのほとりにある
気持ちのとっておきの場所です。
P1060743.jpg  P1060741.jpg


「Seehaus」
営業時間: 9:00~21:00
所在地: Kleinhesselohe 2, 80802-München
最寄り駅:Uバーン3,6 「Münchner Freiheit」
又は Uバーン6「Dietlindenstr」
双方とも徒歩10分程度



ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ



テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ビアガーデン:ミヒャエリガルテン

2009/04/19 (日)  カテゴリー/ミュンヘン旅ビール

「ミヒャエリガルテン Michaeligarten」
ミュンヘンの南東部にあるOstpark内、小さな湖のほとりにあるビアガーデンです。

ここではフランチスカーナとレーベンブロイのビールが楽しめます。

ミュンヘンの夏は乾燥しているのでとかく水辺が好まれます。
美しい水辺と豊かな木陰はビールを飲むのに最高の環境です

週末の昼間にはまだ始めたばかりの自転車に乗った子供を連れた家族連れをよくみます。
子供を退屈させない遊具が充実しているので親達は気兼ねなく自分達の時間を楽しめます

湖上では白鳥がのんびり毛づくろいをしている脇をリモコンのヨットが優雅に走る。
子供が砂遊びに熱中している後ろで大人たちはビールを飲みながら掛けトランプに夢中。
P1060628.jpg   P1060630.jpg

気取った要素はなく地元の人が気軽に楽しむローカルなビアガーデンです。
特別な感じはなく普段使いの雰囲気が気に入っています。



「Michaeligarten」
所在地 : Feichtstraße 10 (im Ostpark) München
最寄り駅: Uバーン5「Michaelibad」
http://www.michaeligarten.de/index.php?id=14


ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ヴェルテンブルク修道院付属醸造所

2009/04/19 (日)  カテゴリー/レーゲンスブルク旅ビール

現在でも修道院が作っている世界で最も古いビール醸造所
それは「ヴェルテンブルク修道院付属醸造所
              Kloster Weltenburg」
です。

レーゲンスブルクからバスで45分のケールハイムkehlheimまで行き
さらに船に乗り換えてドナウ河を溯る事40分。
バス、船ともに本数は少なく、苦労しました。

目的地は陸の孤島とも言える秘境の地です。

ドナウ河の土を巻き込んだ茶色の流れ、
河を取り囲むのは人間を完全に拒否するように切り立った崖。
俗世から逃れる為とはいえ、よくこんな場所に修道院を建てたものです。
隔離されていたからこそ現在まで途切れることなく
自分達のためのビールを自給自足していたのでしょう。

モーターの強い大きな船が開発された現代では
ドナウ河クルーズは、楽しみになっています。
P1000959.jpg  P1000970.jpg
  (開放記念館Befreiungshalle)         (こんな船でGOです)

せまりくる岩肌で川幅が細く流れも急激になった場所を通り抜けると
目の前に天辺が赤い塔がみえてきます。
P1010002.jpg

それが、ヴェルテンブルク修道院
憧れの世界最古の修道所付属醸造所です!


中庭はビアレストランになっておりマロニエの木陰でビールが頂けます。
バイツェンビールにデュンケルビール
いままで飲んだビールでも3本の指に入る美味しさです

思わず唸り声が出てしまいます。
修行の合間に自家用にと醸造しているので、多くを作ることはありません。

P1000981.jpg  P1000978.jpg 

一度ミュンヘンで瓶で売られているのを飲みましたが、味は格段に落ちていました。
苦労して訪れた者だけに与えられる修道院からのお持て成しです


素晴らしいのはビールだけではありません。

教会はコスマス・ダミアン・アダムの作で
天に昇るような錯覚を覚える祭壇が有名です。
P1000975.jpg


修道院の裏手の崖を登ってみました。
思いがけない光景。
何処までも広がる草原と彼方まで広がる空。
やわらかい牧草に混ざって野の花が風に揺れていました。
あまりの美しさに立ちつくしてしまいました。

P1000985.jpg  P1000987.jpg

ドイツの秘境の地。
ビールマニアならずとも訪れるものに感動を与えてくる魔法の地です。



「Kloster Weltenburg」
http://www.weltenburger.de/content/view/56/40/
ビアレストランは3月中旬~11月中旬まで
時期によっては醸造所の見学もできます。

「遊覧船Schweiger」http://www.renate.de/
夏季のみ運行。


ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。