スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスターマッヒェルン醸造所

2009/05/22 (金)  カテゴリー/モーゼル地方旅ビール

「クロスターマッヒェルン醸造所
       Brauhaus Kloster Machern」

マッヒエルン修道院付属の醸造所です。
ワインの名産地モーゼルのベルンカステル・クース
修道院の前は母なるモーゼル河、裏手の斜面はブドウの畑です。
そんな土地に在りながら優れたビールを醸造しています。
P1030897.jpg

修道院自体の歴史は古く、文献に登場するのは1084年というから驚きです。
日本なら平安時代です。
1238年には祈りと労働を神への奉仕とするシトー会の修道院となりました。
現在では修道院というよりもイベントホールとして使われています。
中庭は夏の間ビアガーデンとして訪れる人々を癒しています。

画像 227  P1030929.jpg

醸造所の創業は2004年5月。まだ若い醸造所です。
早速、数本買って車の中でヴァイツェンビールを味見。一口飲んでびっくり。

「うまくね!?」

小麦の香りが爽やか、癖が無くさらりと喉を落ちていきます。
あわてて追加で買いに戻った思い出のビールです。

画像 272
ビールはへーフェヴァイツェンビール、ヘレスビール、デュンケルビールの3種類。

残念ながら公共の交通手段はありません。
車で行くしかない、ちょっとした秘境です。


「Brauhaus Kloster Machern」
所在地:An der Zeltinger Brücke Bernkastel-Kues ドイツ
http://www.brauhaus-kloster-machern.de/


ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ピヴォヴァルスキー・ドゥーム

2009/05/22 (金)  カテゴリー/チェコ旅ビール

「ピヴォヴァルスキー・ドゥーム
            Pivovarsky Dum」


ガラス張りの店内に醸造タンクが見えます。
ここで造られる出来立てのビールが味わえます。
毎日300リットルのビールが造られるとか。
若者に人気のお店で、週末にはすぐに席が埋まってしまいます。
P1060186.jpg  P1060187.jpg

ビールは定番のクラシックビール、ダークビールのほかに、
コーヒー、ナッツ、バナナ、サワーチェリーなどのかフレーバービールも造っているのが特徴。

8種類のビールをちょっとずつ飲めるお試しセットもありますから
いろんなビールを楽しめます。

変わり者フレーバービールといえども侮ること無かれ!!
どのビールも完成度が非常に高い。
日本地ビール協会のビアコンペに出してもメダルを取れてしまうのではないかと
思うくらいの美味しさでした。


「Pivovarsky Dum」
営業時間:11:00~23:30(無休)
所在地 :Jecna/Lipova15 Praha チェコ共和国
最寄り駅:B線「Karlovo nam」 C線「I.P.Pavlova」下車
http://www.gastroinfo.cz/pivodum/

P1060160_20090522084500.jpg


ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ウ・メドヴィードク

2009/05/21 (木)  カテゴリー/チェコ旅ビール

「ウ・メドヴィードク U Medvidku」
「熊の館」という意味のビアホールです。

歴史はなんと1466年までさかのぼります
そこから200年以上もの間、ビールを醸造していました。
1898年、急成長する他醸造所に押されて工場は閉鎖しましたが、20世紀始めにプラハでキャバレー付きビアホールとして蘇りました。それもつかの間、1950年代には工場は社会主義国家の公益とみなされ没収。1989年に再びもとの持ち主に返却され、現在に至っています。
歴史のうねりを生き抜いてきたビアホールです。

現在でも小さな醸造施設でビールを醸造していますが
自社ブランドよりもチェコ大手のビール「ヴドヴァル」が美味しく飲めるということで
有名になっているのは皮肉なものです。

店内は右側がビアホール、左側がバーになっています。
店の奥はビールのグッツの売店があります。
P1060183.jpg

以前は上の階にビールは博物館があったのですが2007年に閉鎖されてしまったそうで
いまはわずかな醸造道具と資料が残るのみです。

その資料を見ていたら発見!
日本の「ひでじビール」と「日本醸造者協議会」で銅メダルを取った証明書。
チェコと日本との接点を見付けちゃいました。
P1060172.jpg  P1060175.jpg


この店を人気たらしめたビール「ヴドヴァル」
チェスケー・ブディヨヴィツェで造られるチェコを代表する名作ビールです。
アメリカの「バドワイザー」の元です。

ライトカラー(ピルスナー)とダークカラー(黒ビール)があります。
私はダークを注文。
P1060176.jpg  P1060178.jpg

ビターチョコを齧ったような、ほのかな甘さと苦さ。
新鮮なビールは文句なしに美味いっ

チェコ料理のちょっと重めのソースにもあいそうです。


「U Medvidku」
営業時間:11:30~23:00
所在地 :Na Perstyne 7 Praha チェコ共和国
最寄り駅:B線「Narodni trida」徒歩3分
http://http://www.umedvidku.cz/

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

ウフレクー

2009/05/21 (木)  カテゴリー/チェコ旅ビール

チェコは世界中で飲まれているピルスナービールの発祥の地。
年間の一人あたりのビール消費量はドイツを抜いて世界一!
ボトルのビールが一本あたり70円から130円程度なのも嬉しいところ。
日本ではあまり知られていない隠れた名作ビールも多く存在しビールマニア垂涎の地です

ビアホールはチェコ語で「ピヴニッツェ」
ビールは「ピーヴォ」 ・・・痛ててて 舌をかみそう。


チェコの首都、プラハに来たら外してはいけないビールの聖地は
「ウ・フレクー U Fleku」です。
創業は1499年。日本なら織田信長すら登場していない戦国時代です。
チェコ語の文字盤の時計が目印、プラハで最も古いビアホールです。
当時から変わらない黒ビールが自慢です。
P1060151.jpg

店内はいくつかのホールに別れています。
並ぶ長テーブル、客の間をたくさんのビールをお盆に載せて動き回るウエイター達。
陽気で騒がしくて、昔ながらの居酒屋の雰囲気です。

空いている席を見付けて適当に座れば、ウエイターがやってきて
「はいよ、これだろ?」と目の前に黒ビールが置かれました。

そうそう、これですとも! 

みんなコレ目当てにくるので注文する前に持ってきてくれます。
グラスが空になれば、自動的に新しいグラスと交換してくれます。
油断禁物。 ちゃんと断らないと、新しいグラスがきます。

P1060152.jpg

黒ビールは麦の香ばしさと甘みを感じますが、ねっとりとした感じはなく切れがあり
心地よく喉を通り過ぎていきます。後に爽やかな香りが残りました。
いままで飲んだ黒ビールの中で3本の指に入る美味しさ!
名に溺れてまずいビールを出す店が多い中
ウ・フレクーは誇りと味を守っています。
さすがはビールの国チェコです。 

プラハに来たなら、モルダウ河の次にはここに立ち寄ることをお忘れなく。
P1060157.jpg
(冬のモルダウ河)

「U Fleku」
営業時間:9:00~23:00
所在地:Kremencova 11 Praha チェコ共和国
最寄り駅:B線「Narodni trida」徒歩5分
http://www.ufleku.cz/

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。