スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peters Brauhaus

2010/10/28 (木)  カテゴリー/ケルン旅ビール

Peters Brauhaus
ガイドブックにも載っている大きな居酒屋。
1544年からビールを造り続けている老舗です。
P1120338.jpg  P1120339.jpg

中は小さな部屋に分かれていてなかなかいい雰囲気です。
ケルシュはちょっとガスが高めで舌に刺激がきましたが、不快な刺激ではありませんでした。
P1120342.jpg  P1120343.jpg


「Peters Brauhaus 」
所在地 :Mühlengasse 1, ケルン ドイツ
営業時間:11:00~24:30
http://www.peters-brauhaus.de

ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

Brauerei zur Malzmuehle

2010/10/28 (木)  カテゴリー/ケルン旅ビール

Brauerei zur Malzmuehle

ここのケルシュはケルンで一番お気に入りのビールです。いままで味わったことがないあまりの美味しさに感動し、
ケルンの語学学校に通っていた頃は、この居酒屋に週2~3回は通っていました。
P1120317.jpg  P1120318.jpg
今回2年ぶりに飲みましたが、やっぱり美味しい!まちがいない!!と
唸らせてくれたビールです。

味は他のケルシュよりもやわらかな麦の甘味を感じます。
ケルシュというカテゴリーからはやや外れてはいますが
この美味しさはすべてを超越しています。

P1120312.jpg
隣の建物で、レストランで飲むためだけに造っている家族経営の小規模な醸造所です。
ケルンに行ったらぜひ立ち寄ってもらいたい場所です。


「Brauerei zur Malzmuehle」
所在地 :Heumarkt 6
営業時間: 10:00~22:00
http://www.muehlenkoelsch.de/de/start.php


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

Pfaffen-Brauerei Max Paeffegen

2010/10/10 (日)  カテゴリー/ケルン旅ビール

Pfaffen-Brauerei Max Paeffegen
前回ご紹介したPaeffgen Koelschの姉妹店です。
P1120325.jpg  P1120328.jpg

場所は沢山のレストランが軒を連ねるホイマルクトの一角。
ドイツの口コミサイトを見てもあまり評判はよくないですね。
評判はあまり気にすまいと思って入ったのですが
店員さんも横柄でしたし、味はPaeffgenにははるか及びませんでした。

ケルンは古い歴史を持つ街です。
紀元前40年ごろにはローマ軍宿営地となりゲルマニア州におけるローマの拠点になりました。
紀元50年にはローマの植民地となりました。
ケルン(Koeln)という都市名は植民地を意味するコロニー(Kolonie)が語源になっています。
石畳の下にはローマの遺跡が眠っており、発掘作業が行われているのに時折遭遇します。
P1120348.jpg  画像 030

中世には大司教座がおかれ、宗教と文化の中心地でもありました。
ケルンのシンボルでもある大聖堂は1248年に着工し、完成は1880年。
600年の歳月をかけて建造されました。
世界最大のゴシック様式の大聖堂でありユネスコ世界遺産にも登録されています。

第二次世界大戦ではアメリカ軍との激しい戦闘により9割の建造物が破壊されましたが
ほどんどの建物や通りが、戦前の姿を受け継いで再興されました。
靴の下から歴史の吐息が聞こえてきそうな素敵な街です。

雨のケルン  P1120356.jpg
(雨に煙る大聖堂)(大聖堂前でピアノの生演奏。ケルンの街では珍しくない素敵な時間)



「Pfaffen-Brauerei Max Paeffegen」
所在地 :Heumarkt 62
営業時間:日曜~木曜日 10:00~24:00
金曜~土曜日 10:00~24:30
http://www.max-paeffgen.com/


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

Paeffgen Koelsch

2010/10/08 (金)  カテゴリー/ケルン旅ビール

Paeffgen Koelsch
P1120293.jpg
ケルンの語学学校に行っていたときに先生にオススメされたのが、このお店のケルシュでした。
夕方に行くといつも席は超満員で道路にはみ出して飲んでいる人がいるほど。
地元でも大人気のお店です。樽ごとに多少味が異なるのもご愛嬌。

P1120296.jpg
店の奥、中庭を挟んだ向こうに醸造施設があります。

そしてほんとーに美味しいんです!
さらりと喉を通り抜けるライトなボディですが、舌を刺すような辛さはなく
かすかに感じられるホップのやわらかでな香りが次の一口を誘います。
一度口にすれば、もう「おしまい」にして席を立つのが惜しいくらい。

軽く一杯だけ飲んで帰るなんて無理です。ついついお代わりをしてしまいますから。
ケルシュは200mlの小さなタンブラーグラスで提供されるので
「あとちょっとだけ」とついついお代わりしてしまします。
冷たくて香りも飛ばないうちに飲みきれるのも美味しさの秘訣。
P1120297.jpg

ケルシュとは、どんなスタイルのビールなのでしょうか?
日本地ビール協会のビアガイドラインによれば

「高温発酵・低温熟成によって造られるビールである。
色合いはゴールドないし麦わら色。
味わいはいくぶんドライで、ほのかな甘味がもたらすやわらかな口当たりに加え、みずみずしい飲み口を兼ね備えている。
きめこまかな泡立ちとしっかりとした泡もちが望まれる。
ホップのアロマとフレーバーは弱く、ホップの苦味はミディアムレベル。
麦芽のカラメル香が感じられるのは望ましくない。
アルコール度数は4.8~5.3%」

ということです。

さらにケルシュにはフランスワインのAOC同様に産地統制呼称があり、
ケルン近郊で作られたビールのみケルシュと名乗ることができます

通常、200mlのシュタンゲ(Stange=棒)と呼ばれる円柱型の細長いタンブラーグラスで提供されます。
シュタンゲは持ち手の付いた丸いケランツ(Kranz=冠)と呼ばれるお盆にいくつも乗せられて運ばれます。
P1120308.jpg

ケルシュを注文するにあたり、いつもワクワクしてしまうのは、
ケルシュが「ワンコビール」であること。
グラスが空になるとウエイターさんが(勝手に)新しいグラスを置いてくれます。
そしてコースターに一本線をシューっ
線が引かれたコースターは会計伝票代わりになります。
グラスが空になる度に新しいグラスが来ちゃいますから、
「これにて終了」というときにはコースターでグラスに蓋をします

屋外で飲むことが好きなミュンヘンでは、
降ってくる木の葉がグラスに入らないようにするために
コースターで蓋をしますよね。 所変わればコースターも変わる、ですね。



「Paeffgen Koelsch」
所在地 :Friesenstraße 64-66
営業時間:日曜~木曜日 10:00~24:00
金曜~土曜日 10:00~00:30
http://www.paeffgen-koelsch.de/


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

Frueh am Dom

2010/10/06 (水)  カテゴリー/ケルン旅ビール

ケルンは大好きな街です。
黒い大聖堂から発せられる凛として規律をもった香りが、石畳を伝って
街全体に張り巡られているのが心地よく感じられるのです。

P1120277.jpg 画像 048

大聖堂の横を流れるライン河の雄大な流れは、
憂鬱な時間や煩わしい事象を持ち去ってくれる強い力を持っています。
P1120321.jpg


さて、
ケルンといえばケルシュビールですよね!!
上面発酵酵母を使い低温熟成させた黄金色のビールです。
ケルン近郊で造られるものだけケルシュと名乗れるのだけど
日本でも造られていますよね。。。

ケルンのシンボルである大聖堂の周囲には
ケルシュを飲ませてくれる居酒屋がいくつも並んでいます。

まずはもっとも有名なケルシュのお店


Frueh am Dom
P1120279.jpg P1120286.jpg


有名になりすぎて面白みがないという人もいますが
だからこそ行っておくべき店です。
店員さんも観光客慣れしているというか、フレンドリーで
いつ行っても気持ちがいいのです。

お客さんが多い分、樽の回転もよいので
いつ行っても飲み口が新しいのも嬉しいところです。
(朝早くではフレッシュさは保障できませんが)
P1120280.jpg P1120282.jpg

味は、幾分ドライで甘味はほのかに感じられる程度です。
ケルシュの味を表現する言葉に「シャンパンに似た~」という表現がありますが、それよりも重厚です。
心地よい余韻は、大聖堂の石組みを染め上げた黄金色の夕日のように
いつまでも舌の上に響いていました。
画像 055


「Frueh am Dom」
所在地 :Am Hof12-18 ケルン ドイツ
営業時間: 8:00~24:00
http://www.frueh.de/


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。