スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ye Olde Cock Tavern

2012/09/08 (土)  カテゴリー/英国旅ビール

『Ye Olde Cock Tavern』

英国の首都ロンドンの中心部、シティの西端、フリートストリートにある古いタヴァーンです。

P1150010.jpg     P1150002.jpg

創業は17世紀。当初は道の反対側にありましたが、
1887年に英国銀行の移動に伴い現在の場所に移りました。
建物はその時からのものです。
チャールズ・ディケンズなどの英国を代表する文豪も通っていたそうです。
英国人が大好きな幽霊が出るということでも有名

お客さんはインナーテンプル(法学院)で仕事をする人たちが多いためか
月曜日から金曜日までは朝7時から開店しているものの、
日曜は定休日で、土曜日も半日しか開けていません。
P1150003.jpg     P1150006.jpg

ビールは英国でよく見かけるGreen King社のものを中心に12タップあります。
(もちろん、カスクコンディションも)

P1140959.jpg
     (王立裁判所) 

周辺には王立裁判所、四大法曹院、弁護士事務所など司法関係の施設が多くあります
(裁判官が伝統的に着用しているカツラや法衣を売る店もあるらしいが、発見できず)

また、テンプル教会や世界的に有名な紅茶「トワイニング」の本店、美しい装飾のホア銀行などが
近くにありますので酔い覚ましの散策にも良い地区です。

P1140957.jpg     P1140961.jpg
   (トワイニング本店)        (銀行とは思えない装飾美)

この地区は11~14世紀にテンプル騎士団が拠点としており、
1185年に建てられたテンプル教会はロンドンで最も古い建築物の一つです。

P1140984.jpg     P1140965.jpg

エルサレムにある聖墳墓教会を模した円形の教会で
映画「ダヴィンチ・コード」でも謎を解くキーとなった場所といえば、
ピンとくる方もいらっしゃるのでは。内部には騎士団の有力者のレリーフ施された墓が。
P1140971.jpg     P1140981.jpg

『Ye Olde Cock Tavern』
所在地:22 Fleet Street, City of London, London 英国
営業時間:月曜~火曜日 7:00~24:00
     水曜~金曜日 7:00~25:00
土曜日 12:00~18:00
     日曜日 休み
パブ情報ページ:http://www.pubs.com/main_site/pub_details.php?pub_id=1106


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。