スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピルゼン:ビール醸造博物館

2008/06/28 (土)  カテゴリー/チェコ旅ビール

チェコのピルゼンまで来たら是非寄ってもらいたい場所は2つ。
ひとつは言うまでも無く「プルゼニュスキー・ブラズドロイ醸造所」(ピルスナーウィルケル醸造所)
そしてこの「ビール醸造博物館」です。

プルゼニュスキー・ブラズドロイ醸造所からはラプザ河をはさんだ旧市街にあります。
ブルゼニュ駅(ピルゼン駅)からも歩いて15分ほどの距離。
ピルゼン博物館正面

ビール醸造にも使われていたことのある博物館の建物は、持ち主が時代と共に代わって
錠前屋、居酒屋、宿泊所、だったこともあるそうです。
気取った感じがなく「ここでいろんな人が生活していたんだ」と感じさせてくれる建物でした。
馬草の香りすらしてきそうです。
ピルゼン博物館中庭

受付で入場料60kcを払うと日本語の案内書を貸してくれます。
それを見ながら進みます。

ここにピルゼンのビールの歴史が展示されています。
井戸やモルトを乾燥させる棚は当時使われていたまま。
当時の居酒屋の様子、研究室、ビールの看板やめずらしいグラスが展示されています。

私のお気に入りは切り株を利用したビアマグ。
1mくらいの高さで、優に20ℓは注げそうです。
ピルゼン博物館切り株

地下室は春だというのにひんやりとしていました。
ここに氷を運び込むことで、夏の間でもビールを貯蔵しておくことが出来ました。
ピルゼン博物館地下室

見学の最後には隣のレストラン「U Salmannu」で300mlのビールが試飲できます。
無濾過のピルスナーウィルケル(!)も飲めるという話を聞きました。
しかし、私は残念ながら電車の時間がせまっていたのでレストランによることは出来ませんでした。

ビール好きでなくても庶民の歴史を感じられて、楽しめる博物館です。


「ビール醸造博物館」
http://www.prazdroj.cz/en/

開館時間
1~3月  10:00~17:00
4~12月 10:00~18:00
無休。 予約は不要です。
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。