スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shakespeares Head

2012/06/30 (土)  カテゴリー/英国旅ビール

『Shakespeares Head』
1735年創業。英国を代表する劇作家、詩人であるシェイクスピアの叔父さんに当たる方が経営していたというパブです。
P1150052.jpg

パブサイン(看板)は勿論シェイクスピア。
2階の窓からシェイクスピアの人形が見下ろしています。
道行く人や、テラス席で飲む人たちを観察しているみたい。

P1150060.jpg
目が合う位置にくるとちょっと怖い。

英国には「王様の頭Kings Head」「女王の頭Queens Head」や
悪口気味た「老いた口やかましい女の頭Old Nags Head」
人の名前「ボブの頭Bobs Head」など、多種多彩な頭が店名にされています。
P1150057.jpg

店内は、1階はパブ、2階はレストランになっています。
料理は典型的な英国パブ料理はそろっていて、
食べきれないほどボリューム満点ですし、味もなかなかのものです。
ビールはカスクコンディション。
観光客も多いため、日本語のメニューも置いているそうです。
入りやすいので「お腹が空いたけどどこで食べていいかわからない」という時にも重宝しそうなパブです。


ところで、パブに向かう道すがらとても素敵なものを見付けてしまいました!
「Liberty of London」です!
小さな花柄のリバティプリントが日本では有名な、老舗デパートです。

以下、ビールではなく建物の話をさせてください。
Oxford Circus駅で下車しパブに向かうにはここリバティが目印になります。
デパートというからには、新宿の三越のようにやたら大きくて立派な建物を探していたのですが、見つけたのは木の黒い肌がむき出しになった白壁の4階建ての建物。

P1150048.jpg
こんな渋い建造物が、デパートだなんて!!

あとで調べたこところによると、この建物は1920年に建造された「チューダー・ハウス」と呼ばれる有名な建物でした。
木材は2隻の木像船を解体したものを使っているそうです。
グレート・マールボロー・ストリートに面した店舗の正面幅は解体された船、ヒンダスタン号の船と同じ長さだそうです。
この船はいくつの海を越え、どこまで旅をしたのでしょうか?
むき出しの柱から潮の香りがしてきそうです。
船を解体して造られた商業施設なんで、夢がありますよね!それも4階建てですよ!
未だに商業施設として活躍しているのですよ!!
地震の多い日本では、、、、到底無理でしょうね。
P1150049.jpg
店内は吹き抜けになっており、ぐるりと囲むようにバルコニーといくつもの小部屋が配置されています。

P1150050.jpg
お客さんが家庭的な雰囲気のなかリラックスして買い物が出来るようにとの配慮から
小部屋になっているそうです。

ちょうどクリスマス時期とあって、ディスプレイも素敵。
くすんだ柱木に煌めくオーナメントが映えます。

商品はとても可愛いのですが、お値段がお高め。
しかしオーナメントは1ユーロからと大変お買い得でしたので
素敵なものを選んで買いました。

東洋の品物を多く集め、古くはアールヌーボーの芸術家たちも交流があったそうです。
ついリバティの説明が多くなってしまいましが、今思い出しても胸が高鳴るデパートです。

Shakespeares Headに向かう道すがらにありますので
是非注目ください!


『Shakespeares Head』
所在地:29 Great Marlborough Street,Soho, London 英国
営業時間:月曜~土曜日 11:00~23:00
     日曜日 12:00~23:00
パブ情報ページ:
http://www.taylor-walker.co.uk/pub-food/shakespeares-head-soho/pid-C3053


ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。