スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万宝海鮮坊

2013/12/26 (木)  カテゴリー/中国旅ビール

ビールの店ではないのですが、中国は大連に行ったら
是非とも行ってもらいたいお店があります。
「万宝海鮮坊」大連で指折りの高級海鮮料理店です。

ピカピカに磨かれた大理石のエントランスには、これまたピカピカのシャンデリアが下がり
ここはベルサイユ宮殿か!と思うほど。
P1160015.jpg P1160024.jpg

中国人スタッフがお行儀よくホールに整列し御用を待っています。
人をふんだんに使うというのも贅沢なんですね。
歴史本や小説でしか見たことがない光景です。貴族気分を疑似体験。

2階から6階までは個室になっていて、大切な接待や宴会に使われることが多く
連日予約がいっぱいなのだとか。

1階のテーブル席は予約制ではないのですが、非常に混雑しています。
まず、1階の水槽から好きな海鮮を選びます。食材は量り売りです。
アワビ、ロブスター、車エビ、ワタリガニ、シャコ、ふかひれ、なまこ、鯛、太刀魚、ヒラメなどなど
庶民である私が日本ではなかなか一時に目にすることが出来ない高級食材がならんでいて
思わずテンションが上がります。
食材を選んだら、調理方法をオーダーします。お勧めの調理方法を教えてくれるので安心。

P1160019.jpg

注文が済んだら席に案内されます。廊下まで豪華!
P1160018.jpg

そして調理されてくる料理の旨いこと、そして美しいこと!!!

P1160037.jpg P1160034.jpg
P1160028.jpg P1160038.jpg

個室担当のお姉さんが、的確なタイミングでビールを注ぎ料理を運び
甲斐甲斐しくお世話をしてくれます。
やはりここは竜宮城なのか!?

中国ではビールは水の様に軽いものが好まれています。
「医食同源」の考えにより、冷たい飲み物は好まれないので、
普通のお店ではビールもぬるいものが出てきます。

しかし流石は高級海鮮店。
常温か冷たいビールかを聞いてくれて、その通りの物が出ます。

日本人客も多いので、日本語を話すスタッフもいますが
普通のウエイターさんは中国語しか通じませんでした。

そして、お会計は・・・・いくらだったのでしょう?
ご馳走になってしまったので、詳細は分からないのですが
「日本で食べるよりも全然安い」らしいです。とはいえ高級店です。

P1160026.jpg

クチコミを見てみると、ふたりで700元の時もあれば、2000元もあり。
食材によって差があります。ロブスターを注文するとぐっとお値段が上がります。
予算をあらかじめ伝えておくといいかもしれません。
しかしここはケチらず、自分へのご褒美として奮発したいところ。

大連は中国の東北部に位置する国際貿易港で、開放的な雰囲気の風光明媚な街。
日本の企業も多く進出しています。
親日家も多く、中国の他の都市とはまるで雰囲気が違います。

P1150976.jpg  P1150983.jpg
かつてロシアの租借地であった名残。

P1160055.jpg P1160065.jpg
「満州」だったころの名残の石造りの建物に、レトロな路面電車。

P1160053.jpg
その後ろには近代的な街並み。

P1160068.jpg
対照的にこんな路地も残っています。

混沌として、歴史があって、おいしくて、美麗な街。
それが大連です。


万宝海鮮坊(Wanbao Seafood Fang)
住所:中山区解放路108号(労働公園東隣り) 大連 中国
営業時間: 11:00~15:00 17:30~24:00



ブログランキングに参加しています。
クリックすると私のランキングが上がります。
お気に召しましたらポチッとしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。