スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリッシェ・ヴルスキュッヘ

2009/04/19 (日)  カテゴリー/レーゲンスブルク旅ビール

ミュンヘンからRE快速で90分。
レーゲンスブルクをご紹介。

優しく強く流れるドナウ河沿いの美しい街です。
歴史は古く、ローマ時代には水上運輸の要でした。
13世紀半ばには帝国自由都市として認められ大いに栄えていました。

旧市街地はその頃のままの美しい姿を残し
2006年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。

旧市街シンボル、大聖堂はバイエルンで最も優れたゴシック建築といわれています。
憂いを帯びた灰色の尖塔は無言の意思をもって空に向かっています。
P1010027.jpg

内部のステンドグラスは「レーゲンスブルクの窓」といわれる美しい窓。
私が訪れた時はもう日が傾いていましたが
それでも美しい色のかけらを大柱に投げかけていました。
古い教会のステンドグラスを見上げていると一編の詩を読んでいるような気にさせられます。
P1010020.jpg


レーゲンスブルクで一番おすすめの場所、それは
この11世紀に作られた巨大な石橋Steinerne Brück・・・・・


・・・の河畔にあるソーセージ専門店!!
「ヒストリッシェ・ヴルスキュッヘ
            Historische Wurstküche」
です。
P1010043.jpg
ドイツ最古のソーセージ店なんです。
建物は1135年から1146年の間にドナウ河にかかる石橋の建設オフィスとして使われていたもので
オフィスがたたまれてからは建築の労働者の空腹を満たす飯場として使われました。


日本ならば平安末期。
十二単の袖で顔を隠しながら恋文のやり取りをしていた時代から続く
ソーセージ屋なんてワクワクしちゃいます。

ドナウ河とそれにかかる石橋を見ながら食べるソーセージとザワークラフトは最高!ソーセージはニュルンベルクのものに味も形も似ています。
ソフトな皮にジューシーでやわらかい身が詰まっています。
P1010040.jpg

ハウスビール「ヴルスキュッヘ・ヘレス」はオフフレーバーが強くイマイチな味。
P1010039.jpg  P1010038.jpg

ソーセージとビールを満喫したら腹ごなしに石の橋の上を歩いてみるのもいいでしょう。
振り返れば沈みかけた太陽のやわらかい光に包まれた旧市街、大聖堂、そして歴史が残したソーセージ屋。
見るものの心を中世のロマンに誘います。
P1010049.jpg

石の隙間から「おーい、帰りにいつものソーセージを食べないか?」なんて
11世紀の労働者の声が聞こえてきそうな街です。


「Historische Wurstküche」

所在地 : Thundorferstr.3 Regensburg
営業時間 : 8:00~19:00(無休)
http://www.wurstkuchl.de/index.php?id=25&L=1


ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。