スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガストハウスブラウエライ ネッカーミュラー

2009/06/23 (火)  カテゴリー/テュービンゲン旅ビール

「ガストハウスブラウエライ ネッカーミュラー
  Gasthausbrauerei NECKARMÜLLER」 

テュービンゲンのネッカー川に架かるエバーハルト橋の袂にあります。
P1070413.jpg  P1070412.jpg

店の中央にはデンと2基の醸造釜がすえられ、
周囲を囲むようにテーブルと椅子が並んでいます。
夏には心地よい川沿いのビアガーデンでビールが楽しめます。

P1070444.jpg   P1070450.jpg
ビールの銘柄は「ネッカーミューラーヴァイス」その名の通りビールはヴァイスビールを作っています。
ヘル(明色)とドゥンケル(暗色)の2種類。
ビールから造られた面白いリキュールやウイスキーもあります。

町のお土産物屋の主人の話では
昔は大酒のみの学生を養うだけのビール醸造所が町に沢山あったのだけれど
今はこのネッカーミュラーだけになってしまったとか。


テュービンゲンはシュットットガルトからIRE特急で45分、
大学生と大学関係者が市民の4割を占めるという大学の町です。
出版業が盛んで、ヘルマン・へッセはこの町の本屋でアルバイト店員をしながら詩集を出版しました。
ドイツの代表的な新聞、アルゲマイネ・ツァイトゥンク (Allgemeine Zeitung) が創設されたのも
この町です。

P1070427.jpg   P1070420.jpg
小高い丘の上に立つホーエンテュービンゲン城に向かう石畳の坂の途中では
マルクト広場の市庁舎やシュティフト教会が堅固かつ優雅な姿を現代に残しています。


町の入り口はネッカー川。
P1070452.jpg  P1070453.jpg
(写真後ろの黄色い塔は詩人ヘルダーリンが暮していた場所)
川は静かな並木道とお洒落なレストラン、カフェに縁取られ、
緑を映した川面を切るように
学生が操るシュトッハーカーンと呼ばれる小さな木の船が行きかっています。



私が行った日は折りしもシュトッハーカーンの大会の日。
橋の周囲は見物人でいっぱいでした。

スタート地点までは各チーム工夫を凝らしたパフォーマンスを見せてくれます。
僧侶、十字軍の騎士、羽根付きの天使、全身を赤く塗ったくった悪魔、
白衣のチームは医学生でしょか?
P1070440.jpg  P1070449.jpg

船のメンバーは8人。
長い竿を持った船頭が船尾に1人他の7人は手で水をかいているのが面白いところ。
最も白熱する橋の下の折り返し地点では船から転落する人が続出です。
きっとそれも大会の楽しみなんでしょうね。

ネッカーミュラーのビールは
ちょっと真面目でちょっと悪ふざけが好きなテュービンゲンの学生が
集まってグラスを打ち鳴らすにはぴったりの、味のあるビールです。


「Gasthausbrauerei NECKARMÜLLER」
営業時間:10:00~25:00
所在地:Gartenstr. 4 Tuebingen ドイツ
最寄り駅:Tuebingen中央駅徒歩5分
http://www.neckarmueller.de/



ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。