スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレーニンガー プリバートブロイエライ

2009/06/24 (水)  カテゴリー/ハンブルク旅ビール

「グレーニンガー プリバートブロイエライ
      Gröninger Privatbrauerei」
 は
ドイツ第2の都市ハンブルクの倉庫街、建物の半地下にあります。
画像 109  画像 108 

入り口はちょっと狭い。 重い扉を押し開けると細長いカウンターの奥に醸造タンクがみえます。
店内は京都のウナギの寝床のように細く長く奥に奥にと続いています。
樽を改造した小部屋などあって
友達みんなでワイワイ飲むのにもカップルでゆっくりと楽しむのにも適しています。
 画像 110  画像 112

コンビーフ、ジャガイモ、刻んだ玉葱をミックスしたハンブルク名物ラプスカウスもなかなかの味でした。
画像 113  画像 118




ハンブルクハンザ同盟の港町として古くから栄えていました。
港といっても潮の香りはほとんど感じられません。
北海に注ぐ大河エルベ河の河港です。

今でも港には赤レンガの倉庫が軒を連ね、行きかう船や観光客で活気付いています。
画像 122  画像 126

ハンザの繁栄を語るように堂々たる威容を誇る市庁舎のまわりは
高級感のあるブディックや瀟洒なショッピングモールが並び
華やかで洗練された雰囲気です。
画像 131

町の中央にはアルスター湖という人口の湖があり町の景観を引き立てています。
画像 103

小さな遊覧船に乗って町中に張り巡らされた運河や水路を巡ることもできます。
画像 101  画像 090

手入れが行き届いた小さい庭、瀟洒な家、せり出した木の枝、
船は街の美しい佇まいを見せながら細い運河を縫うように進みます。

私が訪れたのは冬の始まりの季節。
黄色い落ち葉が水面に淀みをつくり、庭先の桟橋につながれた古いボートは
小さな波を立てながら寂しげな黒い影を水に落していました。

この物悲しさは日本人好みです! 郷愁に駆られてしまいました。
ハンブルクは港町の活気と落ち着いた枯淡な味わいを併せ持つ街です。


「Gröninger Privatbrauerei」
営業時間:月曜~金曜日 11:00~
     土曜、祝日  17:00~ 
     日曜日    15:00~22:00
 所在地:Willy-Brandt-Str.47 Hamburg ドイツ
最寄り駅:Uバーン1 「Messberg」駅徒歩5分
http://www.groeninger-hamburg.de/index.htm


ランキングに参加しています。
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。