スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアブロイ

2009/10/22 (木)  カテゴリー/ミュンヘン旅ビール

さすがはビールの都ミュンヘンというべきか。
ミュンヘン玄関口、ミュンヘン空港にその醸造所はあります。
「エアブロイ Airbrau」

ビールが好きでミュンヘンに来た者を、そして去る者をタダでは返さない心憎い奴です。
空港内に4箇所。
3店はターミナル1と2の間、近い位置にあります。

Airbrau Haupthaus
P1060434.jpg  P1080395.jpg
店内に醸造釜があり、こちらでビールを醸造します。

Airbrau Birgarten
P1080386.jpg
夏場はターミナル同士をつなぐ広場にビアガーデンがオープン
ガラス張りの屋根がついているので雨の日も安心です。
高い位置なので屋根を感じさせません。

Airbrau Tenne
P1080387.jpg
週末にはバイキングをしています。
なかなかの人気で開店と同時に行列が出来ていました。

そして新登場!
NEXT TO HEAVENターミナル2の中にあります。
搭乗を待つわずかな時間に飲めるのが嬉しいところ。


常時提供されるビールは2種類
P1080389.jpg
Flieger Quellヘレスビール   Kumulus ヴァイスビール

その他年に4-5種類のシーズンビールを出しています。

空港内だからといって侮る事なかれ!
味はなかなかのもの。
ここの特徴はヘレスであっても濾過しないビールを提供しているところ。

一般的なビールは最終的にフィルターにかけられています。
出来たばかりのビールは混濁しているのですがフィルターで濾過することにより酵母やたんぱく質を取り除きます。それで透明なビールになるんです。
市中でよくみるヘレスビールは濾過されているので、黄金色で透き通っています。
が、ここのは混濁しています。
フィルターを通すことによりにごったビールは透明になります。
それでビールは発酵が進むことはなくなり安定した状態になるわけです。
しかしビールの成分も取られてしまうのは確か。
濾過しないビールを出せるのも目の前のタンクで作ってるからこそです。

ヴァイツェンビールは市中でも酵母を残した「へーフェバイツェン」が
売られていますが、さらなる発酵を止めるために瓶の中の酵母は死んでいる状態です。
(ベルギーには生きた酵母をそのまま詰めたビールがありますが
発酵により瓶内の気圧が高くなる為コルク栓を使用しています)

名残惜しくてもういっぱい、もういっぱいと飲んでいるうちに
飛行機に乗り損ねたなんてことがないように!


「Airbrau」
http://www.airbraeu.de/
毎日7時から25時まで営業

期間限定で日本のセントレア空港でも飲めるようです。さすがは姉妹空港!
http://www.centrair.jp/airbrau/#link01


ブログランキングに参加しています。
クリックするとランキングが上がり、私のやる気もUP!?
お気に召しましたらクリックしてくださいな。
    ↓   ↓   ↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

この記事へのコメント

遊びにきた

ドイツニュースの「ビール小話」と併せて、どんなこと書いてるのかなぁと気になって覗きにきました。いや、ビール愛に溢れてるねぇ。そんで、おもしろい!ちょくちょく見にきます。韓国のビールの味はどうだったかな?今度韓国ビール特集してね。画像は送るから^^じゃね。

がんぼん | URL | 2009/11/09 (月) 03:20 [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012/10/10 (水) 06:23

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/03/13 (木) 09:54

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。